特徴と食事による改善

脂肪肝について知るには、まず脂肪と肝臓の関係を知る必要があります。食事で体内に取り込まれた脂肪は、小腸で脂肪酸に分解されます。この脂肪酸はその後、肝臓に送られますが、肝臓に送られる脂肪酸が多いと問題が起こります。つまり、中性脂肪が増えるのです。なぜ脂肪酸を増加させてしまう要因は、糖分や脂質の摂りすぎやアルコール飲料の飲みすぎです。中性脂肪は内臓に蓄積されると肥満の要因になりますが、肝臓に蓄積されると脂肪肝になります。肝臓が占める脂肪が5%を超えたときに脂肪肝になります。もちろん、肝臓には常に脂肪が3%前後は健康の人でもありますが、通常よりも多くなった場合にのに脂肪肝になるというわけです。わずか2%でも顕微鏡で確認すると脂肪の多さに誰もが驚きます。

それでは、脂肪肝になった場合、どのような対処法があるのでしょうか。これは一般的には食事療法が挙げられます。つまり、タウリンを多く含む食生活を送ることが治療になります。タウリンは胆汁酸の分泌を促してコレステロールを体外に排泄してくれるのです。また、酵素の働きを活性化させる機能もあります。これによってアルコール飲料を多少飲んでもすぐに分解してくれます。肝臓への負担が軽くなるというわけです。さらに、肝臓に蓄積された中性脂肪を体外に排出してくれるので、脂肪肝の改善に役立つというわけです。具体的にどのような食べ物がお勧めかというと、魚介類全般がお勧めです。特にカキやいかには多くのタウリンが含まれています。

体の悩みの解決をする

しみやそばかすについては、薬によって解決をすることが出来るようになってきました。多くの種類がありますので、専門医とも相談をしながら自分の体にあった薬を利用してしみやそばかすの解決をするようにしましょう。

頼れる身体のお掃除人

キトサンはカニやエビの殻から抽出した食物繊維で、余分な脂肪の排出など様々な効果があることが知られています。摂る場合にはサプリで摂るのが最も効果的で、かつ食後に摂取するのが吸収が最も良いでしょう。キトサンはダイエットだけではなく、免疫力のアップなど健康効果にも優れており、人気があるのも当然でしょう。

大豆製品を食べよう

イソフラボンより吸収のいいエクオールという成分があります。腸内細菌叢によってイソフラボンのまま吸収できるかどうかが決まります。女性ホルモン様作用を持つため男性も美容のために摂取したほうがいいですが、女性のほうがより積極的に摂取する必要がある成分です。